正しい知識でインクを選ぼう

プリンターのインクの基本を紹介します

正規インクと非正規との違いって何?

正規品の特徴を理解してから買う

正規のプリンターインクのカートリッジのことを、純正インクと呼びます。純正の特徴として挙げられているのは、正規のメーカー、canonをはじめとしたプリンターを製作しているメーカーが製作したインクのことです。特徴としてはプリンターの性質に合わせて最適なインクを製造しており、最適な印刷ができるように配慮されています。そのため、印刷をしていてもインク漏れを起こしたり、トラブルが発生することは少ないです。また、メーカー補償がついているため、万が一の時にも誠実に対応してもらえます。純正と非正規の物を比較するポイントとしては、購入する前にパッケージを確認しましょう。製品のパッケージにcanonであればcanonの、それ以外のメーカーであればそれ以外のメーカーのロゴが付いている物であれば、間違いなく純正品です。

非正規のプリンターインクカートリッジは、純正に対して非純正品と呼ばれています。特徴としては販売店によって様々ですが、純正品と比較して圧倒的に価格が安いことです。純正品の場合には高いものはとにかく高く、何度も買い換えているくらいなら新しいプリンターを買ったほうが安く仕上がるというものも少なくありません。しかし、非純正品であれば低価格であるため、物を長持ちさせたい人向きです。プリンターを製造しているメーカーのロゴは当然のことですが入っていません。しかし、canon用をはじめとした、プリンターメーカー専用のものとして販売されています。種類によっては純正品を買うよりもはるかに低価格で大容量のインクを手に入れることも可能となっていますが、種類や製造しているメーカーなどによってはインクが薄く、長持ちしない場合もあることを理解してください。

純正と非純正品どちらがお得となるのか

価格だけでいえば非純正品のほうが圧倒的に安いです。しかし、インク漏れや残量はあるはずなのにでてこなくなってしまうといったトラブルが発生するリスクがあるため、事前に確認を取ってから購入することが望ましいでしょう。様々な公式文書としてビジネスシーンで使う場合には、高いと思っていても純正品を利用したほうがリスクは少なく済みます。特に写真をテンプして提出する書類の場合、インク漏れによって色が混ざってしまい、仕上がりが変になることを避けなければなりません。そのため、純正品を使ったほうがいいでしょう。プライベートで使用する場合、写真やイラストをメインとして印刷するのか、文章をメインとして印刷するのかによって大幅に選ぶ要素が異なります。文章をメインとした印刷をする場合、低価格でも大容量使える非純正品を購入したほうが、高額な物を何度も買わなくて済むでしょう。

人気記事ランキング